Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

10

2003


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2003年10月31日(金)

2003年10月31日の日記 [宇宙の底(旧サイトの日記)]

3週間お休みした理由といまの心境を書いてみました。相当ヘヴィなので,本当にご関心のある方のみご覧ください。

何と書いてよいのか,正直分からない。ただ確かに言えることは,『あるべき』存在を,ある日ある時ある瞬間に,永久に失ってしまった,ということだ。
10月7日夕方。携帯に一本の電話が入った。弟が交通事故にあった,という。至急病院に駆けつけたのは,事故からおよそ2時間後。そこへ横たわる人影に我が目を疑った。つい先ほどまで元気だったはずの弟が……ベッドに崩れているのだ。
懸命の処置を受けるも,ついに息を吹き返すことなく……彼は,生命現象としての『死』を迎えた。享年20才。あと,二週間で新たな歳を重ねる,はずだった。
あまりにも想像しえない出来事に,これが現実だと,どうしても受け入れることができなかった。三週間経った現在もそうである。近頃は,弟と入れ違いの生活をしていたためか,今でも突然帰ってくるような気がして……ならない。
それからは過酷な日々が始まった。通夜に葬式に,時間は無慈悲に僕らを駆り立てる。次から次へと参列者がやってきては,人の数だけ涙に染まる式場。荼毘に付するまでのあの虚無感は,一生忘れることはないだろう。
死後知ったことだが,弟は,想像以上に大勢の友人をもっていた。もしかすると,僕が一生かかって作りうるそれよりも,大きなネットワークを築きあげていたのかも知れない。また彼は,『面白い』ことにすこぶるどん欲であった。複数のサークルを掛けもっては精力的に活動し,それに加え,趣味も多彩だった。物書きに,映画に,アウトドアに,スポーツに……何にでも顔をつっこまないと気が済まない性格《たち》だった。それ故,ひとつひとつは荒っぽかったが,短い人生を本当にエンジョイしていたのだと思う。あるいは,自分の生い先の短さを予感し,一瞬一瞬を最大限に楽しんでいたのかも知れない……今思えば,そんな風にも感じる。
今年は,不幸にも二十代の死に二度直面した。一度目の後は,「もうこんなことは当面あるまい」と思い,ダークスーツを押し入れの奥にしまい込んだ。だが,それから半年後に,再度底のない悲しみに遭遇しようなんて,誰が思うだろうか……。運命とやらがあるのなら,それは本当に残酷な語り部だ。
熱気のない弟の部屋は,三週間前,時を失った。そのままに残る遺品を目にしては,どうしようもない心持ちに頬を濡らし,薄れゆく残り香に触れては,どうしようもない虚脱感に胸を痛める,日々。そんな中,今度は僕自身に大きな転機が訪れた。来春,大学院を離れることが急に決まったのだ。とある研究所からオファーをいただき,どうやらそこで働くことになりそうなのである。答えを出すまでは,様々な想念が脳裏を掠めた。いま直面している悲しみを脇に置き,見知らぬ土地で生きてゆけるのか,と何度も自分に問いただした。そして,悩んだ末,僕なりの決断を下した。
いろいろなことがありすぎて,逆にリアリティのない一ヶ月だったような気がする。一月前は,ありふれた日々の一コマに弟がいて,たわいのない会話をして,当たり前のどこにでもある日常を繰り返していた。それが,ある日を境に,僕らの周囲だけまったくカタチを変えてしまった。でも,世界は,変わらず昼と夜を刻みつづけている。
時は残忍だ。ある者には終わりを,ある者には始まりを,無差別に投擲する。だが,長久の時間は,同時に癒しをももたらす,ともいう。彩《いろ》を失った日々も,いつか新たな彩に染まりゆくだろう。絶ちがたい思いが,いつの日かかけがえのない想い出に還ることを願いつつ,筆を置きたい。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2003年10月31日(金) 21時00分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

西鉄宮地岳線最後の冬

西鉄宮地岳線最後の冬

九州満喫きっぷでゆく日南線&肥薩おれんじ鉄道鉄旅

九州満喫きっぷでゆく日南線&肥薩おれんじ鉄道鉄旅

2001年春 憧れのハワイ旅行記

2001年春 憧れのハワイ旅行記

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain