Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

2

2004


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29            

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2004年02月21日(土)

2004年02月21日の日記 [宇宙の底(旧サイトの日記)]

昨日・今日で,奄美諸島を周遊してきました。というのも,僕がよく使っている“日本エアコミューター”(JAC)というエアラインが,奄美諸島本土復帰50周年を記念して『奄美諸島周遊きっぷ』【リンク】なる格安運賃を設定していたからなんですねー(3月31日までの期間限定。要予約)。コイツを使うと,奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部・与論5島のうち3島を巡る計4フライトを35,000円で回れるので,早速,次のルートで使ってみました(※JAS 951〜JAC032までが適応便です)。

日付","便名","時刻","区間","機材
2004.2.20,JAC 165,15:45-16:35,福岡−鹿児島,YS1
2004.2.21,JAS 951,07:45-08:40,鹿児島−奄美大島,M81
2004.2.21,JAC 973,10:35-11:10,奄美大島−沖永良部,SF3
2004.2.21,JAC 985,11:35-12:00,沖永良部−与論,SF3
2004.2.21,JAC 032,13:00-14:40,与論−鹿児島,YS1
2004.2.21,JAS 808,18:00-18:40,鹿児島−福岡,M81

まず昨日の夕方,YSで鹿児島へ移動し,空港ホテルで1泊。本日早朝,まずは奄美大島行きから1日3島周遊の強行旅程をスタートしました。奄美大島はジェット化されていることもあってか,乗客は比較的多かったですね(100人ぐらい?!)。で,到着後2時間弱を朝食(時計草ジュースなんてのがあった)や,近隣散策及びひこーきの写真撮影に費やし,次の沖永良部行きの便へと乗り込みました。ここから先はMAX 36人のSAABだけあって,急に客が減ってしまいました〜。特に,待合い25分を挟んだ沖永良部−与論間なんて,私を含んだ乗客がなんと“2人”っすよー。フライト時間がわずか25分だとしても,客2人に乗務員3人(機長・コパイ・CA)だなんて,採算割れもいいところでしょうなー(そのうち一人は格安運賃で乗っているし^ ^;)。ちなみに奄美大島−沖永良部−与論間は,同じひこーきでの移動だったので,乗り継ぎ25分でも乗り遅れることはなかったです(笑)。で,そうこうしているうちに,奄美諸島の最果てヨロンへと到着。
いやー,ほぼ沖縄な感じの南国ですねー,ここは。沖永良部もそうだったけど,平屋建てのフェリーポートみたいなミニx2空港だし(^ ^)。ヨロンでは,待合い時間を注ぎ込んで,YSを撮りまくりましたよー。コバルトブルーな海にレトロなプロペラ機。いい絵だな〜。…てな具合で,酔狂な旅も後半。いよいよYS国内最長路線の与論−鹿児島間へと乗り込みました。席は例によって,プロペラが一番見える(+一番ノイジー)1Dをアサインし,テイクオフ。あいにく曇り空だったけど,雲間から見える珊瑚礁の海岸線が美しかったですね。そんなこんなで,いくつかの島上空を飛びながら,15時前に鹿児島着。そして,夕方のMDで福岡へと戻ってきたのでした。
4月から本州の“内陸”に移り住むので,YSもこれがある意味,乗り納めかも知れないなー(笑)。

追記:“時計草ジュース”の“時計草”とは,花の時計草のことではなく,パッションフルーツの別名“果物時計”からきているそうです(このあたりに情報【リンク】)。しかし,このジュース,えらく濃厚だったなぁ(^ ^)。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2004年02月21日(土) 21時00分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

秋の山陰周遊〜境港妖怪街行

秋の山陰周遊〜境港妖怪街行

九州満喫きっぷでゆく三角線&南阿蘇鉄道鉄旅

九州満喫きっぷでゆく三角線&南阿蘇鉄道鉄旅

六甲山のケーブルカーとロープウェイに乗ってみた

六甲山のケーブルカーとロープウェイに乗ってみた

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain