Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

2

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2006年02月18日(土)

旧万世橋駅遺構を見学してきました [フォトログ*鉄道]

今年の5月14日に閉館予定交通博物館で開催中の旧万世橋駅遺構特別公開に行ってきました。万世橋駅とは,今の交通博物館のある場所にかつて存在した,中央線の旧ターミナル駅なのですね。交通博物館が駅の跡に作られたというのは以前から知っていたけど,これまで駅跡を見学することはできなかったので,実際にどんなものだったのかを知る機会はあまりありませんでした。それが,閉館までの期間限定で公開(※要予約)されるとのことなので,ちょっと見てきた次第です。

JR秋葉原駅電気街口から徒歩三分ぐらい(?)。万世橋を渡ったすぐそこが交通博物館。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

博物館正面では,0系新幹線とD51の切り身がお出迎え(笑)。

館内の休憩室に残る旧万世橋駅の遺構(特に説明はないけど,こちらの記事によるとホームへと続く階段の一部だったらしい)。ここは普通に見られます。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)
画像(135x180)・拡大画像(480x640)

遺構内部へツアー開始。アーチの部分はライトアップされています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(135x180)・拡大画像(480x640)
画像(135x180)・拡大画像(480x640)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

見えない部分もちゃんとさび止めペイントされているのね。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

屋根の下は展示室に当たるのかな。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

新旧入り交じった不思議な遺構内部。

旧万世橋ホームへと続く階段。“まんせいばし”と書かれたホーローはきっとレプリカ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

戦時中の金属供出により,階段の滑り止めが取り外されてしまったそうです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

万世橋駅のホーム跡を中央線の列車が疾走。駅名標をわざわざ再現するとは,芸が細かいね。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

交通博物館には,鉄道に限らず自動車・船・飛行機などを含め,貴重な展示物が多数展示されています。見学していると,博物館側の乗り物に対する“愛”が感じられますね。移転後は,鉄道以外の展示物は基本的に置かないらしいけど,倉庫に納めてしまうのはあまりにもったいないので,どこか他の博物館が引き取って展示してくれないかなーと思います。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2006年02月18日(土) 20時37分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

西九州乗りつぶしな旅〜松浦鉄道

西九州乗りつぶしな旅〜松浦鉄道

姫路城&龍野公園桜狩り

姫路城&龍野公園桜狩り

阪堺電気軌道乗りつぶし

阪堺電気軌道乗りつぶし

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain