Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

5

2005


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2005年05月17日(火)

2005年05月17日の日記 [宇宙の底(旧サイトの日記)]

最近では,マスコミもやたらと“萌え”を連発しているようで。
『「萌え」市場:規模は2〜3兆円規模,「10年後は主力産業」』(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
『秋葉原の「コス茶」に行きたいアメリカ人オタク』【リンク】(エキサイトニュース)
“萌え”【リンク】ってのはあえてここで説明するまでもないかも知れませんが,はやい話,ある特定の事柄に強い関心を持ち,行動するフェテッシュな傾向のことで,狭義には2Dの美少女キャラクターに対する愛慕の情のことを指します(たぶん)。もっとも近頃では,オタク的な趣味全般を指すらしく,アーミー萌え/コス茶萌えなど,好き勝手使われているようですね(さしずめワタシはYS-11&路面電車萌えといったところかな^ ^;;)。ちょっと前までは冷たい目で見ていた人たちも,カネになると知るや否や,「これからは萌えだ」と言わんばかりに,萌え本・萌えガイド等々出してくる始末だし。まぁ日本には,江戸時代にも浮世絵の女に惚れた男のハナシがあるぐらいだし,もともとそういう血が流れているのかもね〜。

追記:『萌えゲームが迎えた「曲がり角」』【リンク】(ITmedia)。
つくる側もある種の行き詰まりを感じている模様。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2005年05月17日(火) 21時00分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

甘木鉄道25分のミニ紀行

甘木鉄道25分のミニ紀行

六甲山のケーブルカーとロープウェイに乗ってみた

六甲山のケーブルカーとロープウェイに乗ってみた

樽見鉄道でゆく谷汲山&薄墨桜観桜の旅

樽見鉄道でゆく谷汲山&薄墨桜観桜の旅

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain