Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

6

2005


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2005年06月01日(水)

2005年06月01日の日記 [宇宙の底(旧サイトの日記)]

去る5月28・29日,“伊丹−松山間をYSで飛び,松山市内で伊予鉄(市内電車)を満喫,最後は0系新幹線で戻ってくる”というひっぢょーにマニアックなツアーに参加してきました。何でもQ400のメンテのため,5日間限定でITM−MYJに帰ってきたYSに乗るために企画されたようで(目の付け所がイイ!)。
伊丹空港では,搭乗前にこんな感じのYSのプチ撮影会もあり,

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

松山では,係員の方による説明付きの車庫見学。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

自由時間(←行程のほとんどがフリータイム)には,伊予鉄の最新型低床車(アルナ車両製リトルダンサー タイプS)にも初めて乗りました。中はこんな感じで,昔のレトロな市電とは一線を画します。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

窓は大きく明るく,床は当然超低床。遠い昔に路面電車が無くなった街の出身者としては,ホント羨ましい限りです>松山。ただ惜しむらくは,床をギリギリまで低くしてバリアフリー化を進めたためか,従来車より座席数が少なくなっていることですね。
ちなみに,行程の途中で坊ちゃん列車にも乗りました。“坊ちゃん列車”とは夏目漱石が活躍していた頃走っていた汽車を復元したもので,イベント列車の一種です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「マッチ箱の様な汽車」と漱石が言ったように,実にコンパクト。さすがに蒸気で走らせるのは難しかったらしく,中身はディーゼルカーですが,気動車型の路面電車としては日本で唯一です>坊ちゃん列車。
そんなこんなでYSと松山市電をディープに満喫した2日間。機会があれば,またこんな旅をしてみたいですねー。

追記:伊予鉄の1日フリーパスは超お得。市内電車は一律150円なのに,乗り放題きっぷはたったの300円! 単純往復で元が取れますよ〜。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2005年06月01日(水) 21時00分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

名古屋と鹿児島の何の脈絡もナイ鉄旅〜リニア・鉄道館に行ってみた

名古屋と鹿児島の何の脈絡もナイ鉄旅〜リニア・鉄道館に行ってみた

絶滅危惧種の「急行」と土・日きっぷで行く東日本乗りつぶしの旅〜3日目

絶滅危惧種の「急行」と土・日きっぷで行く東日本乗りつぶしの旅〜3日目

かもめは白いとは限らない

かもめは白いとは限らない

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain