Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

6

2005


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2005年06月26日(日)

2005年06月26日の日記 [宇宙の底(旧サイトの日記)]

先々行オールナイトで,“スター・ウォーズ エピソードIII〜シスの復讐”を見てきました。かんそぉ…「許容ギリギリ範囲のこじつけ加減」といったところでしょうか。エピソード3は,エピソード4(というか第一作目)につながる重要な接点であり,あらゆる面でつじつまが合わないといけない作品なんだけど,エピソード2の状態から(エピソード4まで)よく持って行ったなぁ,というのが第一印象でした。あのキャラクターは消えてもOK,コイツはダメ…という制約条件があれこれあるのに,大円団まで(ほぼ)破綻することなく頑張ったと思います。いちお違和感なくアナキンくんはダース・ベイダーになってくれたし(^ ^;),彼の師オビ=ワン・ケノービも何とか生き延びて辺境の地に逃げていったからね。ただ,アナキンくんがダーク・サイドに落ちる原因となったのが,「○○○の死」(ネタバレになるからいちお伏せ字ね^ ^;;)の予言というのは,行動の理由としてはちょっと弱い気がするなぁ。途中のエピソード(議長とのやり取り)も,ややこじつけがましいし。でも,他のさしたる理由も思いつかないので,ストーリーの核の部分だけど仕方ないかな。何だか感想になっていないけど,及第点に達している作品だと個人的には思います。以上です。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2005年06月26日(日) 21時00分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

トワイライトエクスプレス(札幌〜大阪)乗車記

トワイライトエクスプレス(札幌〜大阪)乗車記

N700系に乗ってみた

N700系に乗ってみた

J-AIRでゆくJetstream 31のスーパーな旅

J-AIRでゆくJetstream 31のスーパーな旅

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain