Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

10

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2007年10月09日(火)

MACPOWERも休刊になったね [Mac&あぽー]

いささか旧聞に属するけど,Mac系雑誌の数少ない生き残りのひとつであるMACPOWER誌が10月号をもって休刊(←廃刊のオノマトペ^ ^;)になったようだね(ソース)。コンピュータ関係の雑誌が軒並みポシャっていく中,MACPOWER誌も例外でなかったようで,2005年に中身をリニューアルし,「Macを使ってクリエイティブな生活をしている人を取り上げる」雑誌に様変わりしたものの,状況はかわらずついに息絶えた模様…。正直,リニューアル後のMACPOWERは読みどころがまったくなくなってしまったのですな〜。ライフスタイル誌なのかコンピュータ雑誌なのかよくわかんないスタンスのまま写真のスペースばかりが目立ち,文章もページも減ってしまって価値激減。僕もリニューアル直後に読むのをやめたクチだけど,次号予告か何かで「今どきパソコンが趣味だというのは恥ずかしくないですか」みたいな挑発的なコピーを見たのが直接的な原因だったような(^ ^;;)。今まで散々ギークなMacユーザをターゲットにしてきたクセして,紙面を刷新した途端,昔からの読者の反感を買うような態度を取られちゃあね(苦笑)。リニューアル後のミョーに鼻につくオシャレ“気取り”な構成も,多くの読者からブーイングを受けたのではないでしょーか。ライフスタイル云々といってインテリアなんか取り上げるぐらいなら別にMacって名を冠しなくてもいいじゃん,ってね。僕が思うに,MACPOWER誌はそんななんちゃってライフスタイルマガジンを目指すのではなく,個人が簡単にはまねできないぐらいお金をかけて(Old Macの大改造とか),徹底した濃い内容をパワーユーザに向けに発信すべきだったのではないでしょうか。また月刊誌をやめて,例えば年4回の季刊誌で発行するといった手もあったと思うんだけどなぁ…とかいったところでいまさら仕方ないンだけどね。昔MACPOWERが担っていた役割は,MacPeople誌に移ったと考えるべきなのかなぁ…。いよいよ,Mac系雑誌はMacPeopleとMacFanの二誌だけになってしまったけど,この先Mac誌だけではなくPC全般の雑誌は生き残っていくことができるのでしょうか?!

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2007年10月09日(火) 22時07分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

餘部鉄橋2006夏

餘部鉄橋2006夏

鉄道の日記念きっぷで行く紀勢本線乗車記

鉄道の日記念きっぷで行く紀勢本線乗車記

只見線でゆく会津夏の鉄路+急行きたぐにの旅

只見線でゆく会津夏の鉄路+急行きたぐにの旅

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain