Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

3

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2008年03月24日(月)

来るモノがあれば,去るモノもあり [ひこーきな話題]

A321はそれほど思い入れがないのだけど,MD-87は結構好きなヒコーキでした。一般には「単通路で2・3配列なので狭い」とか「鉛筆みたいに長くて乗るのに時間がかかる」といった感じであまりいいようには思われていなかったみたいだけど(そもそもローカル線でしか飛んでいなかったので,あまり馴染みがなかったのかも),個人的にはスポーティというかパワフルな離陸が深く印象に残っていますね。兄貴分のMD-81と同じエンジンを積んでいるにもかかわらず全長はMD-81よりも5メートル短いので,その分出力に余裕があり,旧北九州空港などの滑走路が短い空港でも楽々と飛翔していました。就航から20年近く経ち,内装の古さは否めなかったけど,リアマウントのエンジンということもあって,前方座席の静粛性は最新型のヒコーキと比べても遜色なかったように思えます。引退までにもう一度あの上昇感覚を味わってみたかったけどね(ちなみに最終便は,南紀白浜−羽田便だそうです)。

おまけ
以前見かけたMD-87(2006年9月30日に鹿児島空港で撮影)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2008年03月24日(月) 23時21分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

富山鉄旅〜神岡鉄道

富山鉄旅〜神岡鉄道

GWは鉄道に乗って〜名鉄13路線まとめ乗り編

GWは鉄道に乗って〜名鉄13路線まとめ乗り編

廃線まで2ヵ月を切った長野電鉄屋代線を再訪

廃線まで2ヵ月を切った長野電鉄屋代線を再訪

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain