Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

3

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2010年03月13日(土)

35mmネガのフィルムスキャンサービス利用雑感 [ディジタルな話題]

手元にある大量のネガをデジタル化しようと思い,フィルムスキャナを購入するか外部のサービスを利用するかを検討したところ,北海道は中標津にある写真工房が非常にリーズナブルな価格でフィルムスキャンサービスを行っていることを知り,先日利用してみました。

普通のDPE店でCD書き込みサービスを頼むと,4BASE(1536x1024pixel)という解像度で取り込まれることが(経験上)多いのだけと,この写真工房では16BASE(3088x2048pixel)という600万画素相当の高解像度で取り込んでくれます。それにもかかわらず,36枚撮りのネガシート1枚あたり525円という驚異的な価格だったので,手元のネガを片っ端から集め,12枚撮りや24枚撮り分を36枚撮りのネガシートに移し替えた上で大量発注した次第です(合わせて100セット以上になったので,さらにディスカウントしてくれました)。
今回は枚数が枚数だけに通常の納期よりも時間がかかったものの,仕上がりは…色補正が効いて実にイイ。以下に取り込みサンプルを載せておきますね。

サンプル

画像(180x119)・拡大画像(640x424)

1970年代後半に撮られたと思われる写真。ネガは退色が進んでいるものの,適度に色補正されている

元画像のダウンロード [3088x2048]

画像(180x119)・拡大画像(640x424)

1990年代前半に撮影。20年近く経っているが,こちらはあまり変色が見られない

元画像のダウンロード [3088x2048]

画像(180x119)・拡大画像(640x424)

1994年撮影。おそらくコンパクトカメラで撮ったもの

元画像のダウンロード [3088x2048]

画像(180x119)・拡大画像(640x424)

1997年撮影。モノクロームのサンプル

元画像のダウンロード [3088x2048]

写真によっては粒状感もみられますが,これはフィルム自体の性能というか特性だと思われます。
もちろんフィルムスキャナを使って自分で取り込んでもよかったけど,デジタルカメラ全盛のきょうび,ネガのスキャンはそう度々発生するものではないので(フィルムスキャナを無駄にしないためにも)外注した次第です。ちなみに今回は,35mmネガ約4,300枚にブローニーや35mmマウント(約260枚)合わせて6万7千円強でした(あと送料ね)。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2010年03月13日(土) 15時35分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

岐阜市内線別れの春

岐阜市内線別れの春

北海道道東周遊記〜4日目

北海道道東周遊記〜4日目

GWは鉄道に乗って〜豊橋鉄道渥美線編

GWは鉄道に乗って〜豊橋鉄道渥美線編

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain