Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

9

2012


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2012年09月30日(日)

気がついたら,メインマシンがRetina MacBookに [Mac&あぽー]

ご無沙汰ぶりです。しばらく更新が滞っていてスミマセン。ここ2ヵ月ほど公私ともに多忙で,なっかなか落ちついて文章を書く時間が取れませんでした(グッドニュースで忙しい分には構わないけど,ワタシがあっぷx2になるのは,大抵その逆なモノでして^ ^;)。
で,そんなグタグタな最中,6月に発売されたMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(以下MBPR)を買ってしまいました。いやー,寝落ちした次の日にMBPRをぽちっとなしていることに気がついたモノで(とか言ってみたり^ ^;;)。
iPhoneやiPadではドットピッチが細かく,印刷物と変わらないクオリティで画面表示するRetinaディスプレイが標準になりましたが,パソコン用としては初めになりますね。15インチなのに2880×1800pixel(220dpi)という信じれない解像度のディスプレイが手に入ると聞くや,プライベートで写真やムービーの編集をすることが多いモノとしてはメインマシンを更新する機会だと自分でジブンを言い聞かせ(笑),iMac 27インチ(Mid 2010)から乗り換えてしまいました。
以下,開封の儀とこれまで使っていたサブのMacBook Air 11インチとの比較写真をどうぞ〜。

ミニマムな箱に収まったMBPR。ケーブルの束ね方が以前のモデルから変わっていました。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

MBPRとAir 11インチを並べてみる。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

ディスプレイ(左列:MBPR/右列:Air)。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

キーボード(左列:MBPR/右列:Air)。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

外部ポート(左側:MBPR/右側:Air)

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

本体の角の処理。Airはくさび形に細くなっていますが,MBPRは均等な高さです。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

背面。よく見ると,MBPRには放熱用のスロットがありました。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

そして,今回から形状が変わったMag Safeコネクタ。旧モデルの方がケーブルを左右に引き回せるので便利だったとの声も聞かれますが,個人的には新モデルの形状でもそれほど不便は感じていません(初代Mag Safeと同じ延び方になったとも言えるかな)。旧モデルよりも接点が細くなっているので,旧型のACアダプタから電源供給する場合は,別売の変換アダプタが必要になります。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)
画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

ACアダプタ。Airは45Wなので小型で持ち運びがしやすかったけど,MBPRは85Wタイプになり,二回りほど大振りになってしまいました(これでも以前よりは小型化しているけどね)。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

おまけ
別売の追加用ACアダプタの箱。旧モデルによも薄く横長になっていますねー。

画像(180x135)・拡大画像(1024x768)

その後は移行アシスタントを使ってiMacからデータを移行し,あっさりメインマシンの乗り換えが完了しました。iMac 27インチと比べると画面サイズは小さくなったものの,素の解像度はむしろMBPRの方が高いので,物理的な大きさ(の小型化)はあまり気にならないかな。
Retinaディスプレイは…たしかに綺麗美麗端麗。しかーし,コントラストがチトきつすぎないかい?! 以前の(iMacの)ディスプレイは黄味が強かったのでナチュラルになったとは言えるけど,エッジが立ってDockのアイコンがやたら自己主張しているように見えますな。あと,これはこのマシンの個体差なんだろうけど,左側がやや黄ばんでいるのが気になるx2。元々細かいセイカクなモノで(^ ^;)。不具合とはいえないレベルなのかも知れないケド,しばらく使ってみて解消しないようであれば,修理に出そうかと思っておりマス。
…といきなりマイナス査定なことを書いてしまったケド,スペック的には満足。16GB積んだのでメモリは余裕があるし,仮想マシンを2つ3つ同時に立ち上げてもビクともしないパワフルさはさすがです。また,MBPRの推奨解像度より一つ上の「1680x1050」の推定解像度で使っているけど,内部的に3360x2100で描画したものをダウンスケールしてからレンダリングするだけあって,従来の最大解像度以外で使うとボケボケな液晶ディスプレイとは一線を画す異次元の描画クオリティ。CRTとは異なり最適な解像度以外では拡大表示しかできなかった液晶ディスプレイで,こんなスマートな解像度切替技術を実現できるとは目からうろこですな。
あと,Thunderboltポートが2つあるのも○。これでGigabit EthernetコネクタとThuderbolt系ストレージが併用できます(MBPRは薄すぎてそもそもEthernetコネクタを内蔵していないので)。また,3.0化されたUSBポートも地味に助かるね。もっともUSB 3.0はチップとの相性問題があるらしく,Retinaの場合,挿しても認識しないハブもあるようだけど…。
キーボードのストロークは浅めかつ固く,これもワタシ好み。ただ,Core i7 2.7GHzをこの筐体に押し込んでいるだけあって,結構熱持ちますねー。これから秋から冬に向かっていくのでまだマシだけど,負荷のかかる処理をすると盛大にファンが回り,パームレストも携帯カイロ状態に(やや誇張気味^ ^;)。いちおこういう保護シートで対策はしてみたものの,場合によっては冷却台を置いた方がいいかもね。

以上,徒然なるままの今更ながらのファーストインプレッションでした。

追記
その後,MacBook Air 11インチ(Mid 2011)はドナドナ(=下取り)の身となり,iMacは実家へと転配されていきましたとさ。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2012年09月30日(日) 14時01分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

JACでゆくYS-11の旅 鹿児島編

JACでゆくYS-11の旅 鹿児島編

西鉄宮地岳線最後の春

西鉄宮地岳線最後の春

富山鉄旅〜富山地方鉄道

富山鉄旅〜富山地方鉄道

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain