Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

8

2006


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2006年08月12日(土)

からくりサーカス完結 [よもやま]

1998年から連載が続いていた漫画“からくりサーカス”が完結し,ついにコミック最終刊が発売されました。とあるサーカスを舞台に話(オペラ“道化師”がベースにあるらしい)が繰り広げられていくのだけど,広げに広げた“大風呂敷”をよくもまぁうまく収束させたなぁ,と作者の技量にはただただ感服するばかりです。週刊誌ゆえ,ストーリーのゆがみや強引さ(少年誌というのもあるだろうね)も多少見受けられたものの,それ以上に,作中にみなぎる作者の“魂”にいつも圧倒されていました。本当にすばらしい作品とは,ストーリーの整合性以前に,人の心を揺さぶる“エモーション”に満ちているものなのだな,と思いましたね。

…ところで,この作品は少年誌のマンガながら,人間の本質についても考えされられる展開でした。中でも兄弟のエピソードにはかなりのページが割かれており,最終巻で敵役が「弟を助けるのが兄だもんなァ」というセリフをはくのだけど,これを読んでいると,ふと僕にとっての亡き弟と物語とが重なってしまい,なんとも言えない気持ちになってしまいました。僕自身,兄らしいことをあまりしてやれなかったなぁ,という思いと,生前弟も“からくりサーカス”を偶然読んでいて,ストーリーについてお互い語り合っていたよなぁ,という相似。“からくり…”が続くことによって,弟とのつながりを今でも保てていた気がしたのだけど,それも終わりを迎えてしまいました。でも,“サーカス”はいつかはフィナーレを迎えるもの。いまは,丸盆《リング》の余韻を静かに味わっていたいと思います。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2006年08月12日(土) 17時49分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

北海道テツタビ2009〜番外編(函館市電)

北海道テツタビ2009〜番外編(函館市電)

ある秋の青森テツ旅〜津軽線・青函トンネル記念館ケーブル

ある秋の青森テツ旅〜津軽線・青函トンネル記念館ケーブル

北海道テツタビ2009〜3日目(根室本線・石勝線)

北海道テツタビ2009〜3日目(根室本線・石勝線)

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain