Studio Twain

スタジオとぅえいんは,テキストおよびヴィジュアルの両面からクリエイティヴなコンテンツを発信していきます

8

2005


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

神海 螢 / コウミ ケイ

スタジオとぅえいん

なんちゃって主宰

神海 螢 / コウミ ケイ

リアルネームのもじりですが,ペンネーム“神海 螢”(またはシムーベ)です。“スタジオとぅえいん”という名もなきWebサイトを10年以上続けております。

プロフィールの詳細はこちら

お問い合わせやご意見・ご要望などは,info-st★studiotwain.jp までメールでお気軽にどうぞ。
※★はアットマークに置き換えてください。


ツール

検索(by Google)

カテゴリーリスト

2005年08月15日(月)

筑肥線東半分乗りつぶし [フォトログ*鉄道]

18きっぷを持てあまし,暑い最中,筑肥線姪浜−西唐津,唐津線唐津−佐賀,長崎本線佐賀−博多,と乗りつぶしてきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

まず,筑前前原《ちくぜんまえばる》までは福岡市交通局の2000系に乗車。ガクセイ時代,路線は違えど,毎日乗っていた車両なので,特に目新しいモノはありません(笑)。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ここでは,20分待ち。あと1本早ければ,西唐津まで一発でいけたのだけどなぁ(^ ^;)。
ホームには,福岡空港行きの303系が止まっていました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

筑前前原駅は,随分近代的な駅舎になっていますねー。以前はボロっちかった気がするのだけど(失敬^ ^;),今ではニュータウンの立派な玄関口です。

筑前前原から先は,風光明媚な海岸沿いを進みます。途中からは松原(虹ノ松原)に入り,そこを抜けると今度は高架橋。なかなか変化の激しい路線ですね>筑肥線。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

唐津駅にで,103系@JRQ仕様を1枚。方向幕の“回送(各停)”の各停って何なのでしょう?!

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

唐津−西唐津の1区間は,唐津線からやってきたキハ125に乗車。で,ようやく終点西唐津到着。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

西唐津駅前の喫茶店で昼食をとり,1時間後の佐賀行きに乗車。キハ40シリーズは,エアコンがあまり効かないようで,いつ乗っても暑いなぁ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「床に座らないでください」…と,ジベタリアンの連中を静かに牽制。でも,ワザワザ書くようなことか〜(^ ^;;)。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

佐賀−鳥栖間は,Commuter Trainこと817系に乗車。JRQの新車はカッコいいデザインが多いのだけど…この車両,ちょっと汚れすぎてませんかー。黄色い点々は,すべて蛾の亡骸のご様子...。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ちなみに,内装はこんな感じです。最近のJRQは,木目をやたら使いたがるクセがありますね。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

そして,最後の鳥栖−博多間は815系で締め。何の変哲もない福岡近郊ぶらり旅(?)はこれにて終了。

Posted by 神海 螢 / コウミ ケイ at 2005年08月15日(月) 19時15分   コメント ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO [ もっと見る... ]

三笠鉄道村に行ってみた記

三笠鉄道村に行ってみた記

岐阜市内線最後の冬

岐阜市内線最後の冬

かもめは白いとは限らない

かもめは白いとは限らない

リンク集

powered by a-blog
Studio Twain
Copyright (C) Studio Twain